新・カフェ長ブログ

カフェと旅、それからなんてことない話

★青椒肉絲(風)【カフェ長の〜胃袋まで0.006マイル〜】

食いしん坊

カフェ長の〜胃袋まで0.006マイル〜

 

★青椒肉絲

f:id:cafecho:20200625212348j:plain

夏野菜がスクスク🎵

畑の中、テンション上がる今日この頃のカフェ長でございます。

まずはピーマン!

ピーマン大量消費レシピ第1弾は、チンジャオロウスです。

 

中華料理の定番メニュー。

豚肉を使った物を青椒肉絲(チンジャオロウス)と呼び、牛肉を使うと青椒牛肉絲(チンジャオニウロウス)と呼ぶそうです。

ちなみに

青椒 = ピーマン(唐辛子)

絲 = 細切り

のこと。

 

以前「四大中華料理制覇の旅」をした時(北京料理、上海料理、四川料理、広東料理を食べ尽くすという夢のような旅でしたww)、青椒肉絲は四川料理の中で食べた記憶があるのですが、日本では広東料理っぽいイメージですよね?(私だけ?)

今回のレシピも全く辛くはなく、甘め中華(広東寄り)になっております。

 

どうぞ〜。

 

 

 

【ピーマンの収穫】

 

毎年食べきれないくらい実るピーマンを、懲りもせず、今年も食べきれない数植えました(学習能力ナシ)。

5月に地植えしたピーマンの苗はグングン成長中。

夏野菜の中でも特に育てやすい(ほっとくだけで良い)野菜です。

f:id:cafecho:20200625212442j:plain

このグリーンが堪りませんな
f:id:cafecho:20200625212458j:plain
f:id:cafecho:20200625212515j:plain

可愛い花が咲いたら美味しいピーマンに成長します。

ではキッチンへ↓

 

 

【材料】

 

・ピーマン   6〜8個(好きなだけ)

・たけのこ   150g(好きなだけ)

・豚肉   200g

・片栗粉   適量

・ニンニク   1片(スライス)

・ごま油   大さじ2

 

◉調味料

・醤油   大さじ1

・オイスターソース   大さじ1

・酒   大さじ1

・みりん   大さじ1

・砂糖   小さじ1

・中華だし   小さじ2

・生姜   チューブなら2㎝くらい

 

f:id:cafecho:20200625212648j:plain

今日はズッキーニ1/2本も追加してみた。

たけのこは春にアクだしして冷凍していた水煮。

豚肉は、バラでもロースでもなんでもOK

 

調味料面倒くさい人は、

Cook Doの青椒肉絲の素で。← アレ美味しいよね、悔しいけど(笑)

 

野菜と肉を細長く切ったら、あとはフライパン1つであっという間です。

 

 

【作り方】

 

① 豚肉を細長く切り、塩コショウを振って片栗粉をまぶしておく

 

② 全ての野菜を細長く切る

 

③ フライパンでごま油とニンニクを熱し、豚肉を炒める

 

④ 豚肉に火が通ったら野菜を投入して炒める

 

⑤ だいたい炒まったら◉調味料を合わせて入れ、炒める

 

 

コショウで味を整えて、完成。

 

 

豚肉の下ごしらえ

f:id:cafecho:20200625212540j:plain
f:id:cafecho:20200625212559j:plain
カフェ長のおすすめは豚ロース

ピーマンの下ごしらえ

f:id:cafecho:20200625212616j:plain
f:id:cafecho:20200625212636j:plain

 

f:id:cafecho:20200625212658j:plain
f:id:cafecho:20200625212738j:plain
炒め始めたらあっという間に完成です

 

【盛り付け】

 

f:id:cafecho:20200625212408j:plain

中華料理といえば、やっぱり大皿に盛り付けたい。

(なんなら円卓回したい)

 

何にでもバジル乗っけりゃそれなりに見えると思っているカフェ長ですが、さすがに今日はやりません。

大皿に豪快にてんこ盛り、食欲そそる一品です。

 

では最後に〜↓

 

【嬉しいピーマンの効能】

 

・ビタミンC

ピーマンといえばビタミン!

特に多く含まれるのがビタミンC。

もともと熱に弱いビタミンですが、ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴。

 

・ピラジン

ピーマン独特のあのにおいのもととなる成分。

ピラジンには血液をサラサラにする効果があります。

 

・クロロフィル

ピーマンのあの鮮やかな緑色を作っている成分。

クロロフィルには貧血予防効果や、コレステロール低下作用があります。

 

おまけ

 

美味しいピーマンを選ぶポイントは、緑色が濃く、ツヤやかで、ハリと弾力のあるもの。

 

 

旬の美容野菜ピーマンを大量摂取出来る、嬉しい簡単レシピでした〜。