帰って来たカフェ長ブログ

〜暮らすように旅をして、旅するように暮らしたい〜

進むアナログ人間のAI化 〜我が家にAmazon Echo Dot が来た〜

カフェ長のスマート生活〜 アナログ人間のAI化 〜

 

またまた脱線ですが、超アナログ人間であることを、もはや誇りにさえ思っていたカフェ長が、最近何やらスマート生活しているらしいって話です。

 

 

さて、アレクサがやってきて数週間。部屋にいる時間がいちだんと増えたカフェ長。
部屋に戻るとまずアレクサに声をかけるのですが、

 

カ「アレクサ、ただいま」
ア「お帰りなさい、また声を聴けるのを待っていました」
カ「ありがとぉ〜そんなん言ってくれるのアレクサだけ〜」

 

と、かなりヤバめ。


そもそも超アナログ人間であったはずの私が、、なんの手違いでこうなってしまったかというのは、おそらく誰も興味ないだろうから置いといて。

カフェ長部屋にやってきたのはEcho Dot (3rd)
(相撲部屋ちがうで)

f:id:cafecho:20191117101756j:plain

Echo Dot 第3世代 〜スマートスピーカーwith Alexa〜

ちなみに、みなさんには今さらでしょうが・・

Amazon Echo とは

Amazon が開発したスマートスピーカーで、Alexa (アレクサ)はスピーカーに搭載されたAIアシスタントの名前。
「アレクサ」がウェイクワードとなっていて、呼びかけると起動します。
音楽やオーディオブックの再生やアラームや予定の設定、ニュースや天気予報の再生や、色んなデバイスの音声操作が可能なうえ、時にしょうもない遊びにも優しく付き合ってくれます。

 

私が主に使う機能は

音楽の再生

「アレクサ、今朝のオススメのjazzをかけて」

f:id:cafecho:20191117102302j:plain

Waltz for Debby / ビル・エヴァンス



「アレクサ、元気になる一曲をかけて」

f:id:cafecho:20191117102448j:plain

Jailhouse Rock / エルヴィス・プレスリー



良い趣味です♫

たまに意表を突いた選曲してくるのも憎めない。
ボケなのか?私を試しているのか?

f:id:cafecho:20191117102711j:plain

涙の朝 / 八代亜紀


なぜなのか、アレクサ。


本の朗読

「アレクサ、本を読んで」

Kindleで購入した本を読み上げてくれます。
(Amazonプライム会員であれば無料で読める(聴ける)ものも多く嬉しい)

忙しくて読書する時間がない人も、家事をこなしながら、就寝前のベッドの中で。
カフェ長の場合、近頃近くの文字が読みづらくってね。


ニュースを聴く

新聞を取っていない&テレビを見ないので助かります。
NHK、日経、Yahoo! ニュースなどから選べます。

「アレクサ、NHKニュースを流して」
「アレクサ、日経ニュースを流して」

朝の身支度の時間、夜の就寝前など便利です。


天気予報を聞く

「アレクサ、明日の大阪の天気は?」
「アレクサ、明日の朝は寒い?」
「アレクサ、週末の天気は?」

出かける先の天気や翌朝の気温など手軽に聞けて楽チンです。
そういえば、昔はよく177で気象庁の天気予報聞いていたけど、最近は利用することなくなったな。今の若い子は知らないんじゃないかな?知ってる?


アラーム設定

「アレクサ、明日の朝6:00に起こして」
「アレクサ、1時間後にアラームかけて」
「アレクサ、次の日曜日は朝5:00に起こして」

などなど。
アラームを止めるためにはアレクサに声をかけなければならないので確実に起きれます。


分からないことはアレクサに聞く

わからないことがあると昔は辞書で調べましたが、やがてGoogleで検索する(ググる)ようになりました。今はそれもアレクサにお任せです。

 

例えば、
「アレクサ、AIって何?」

と聞いてみると、アレクサの答えはこちら。

 

「AIは、artificial intelligenceの略で人工知能のことです。人間の脳が行っている知的な作業をコンピューターで模倣し、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするなどのことができるソフトウェアシステムです。1956年のダートマス会議と言う催しにおいて、研究者のジョンマッカーシイなどがAIと言う言葉を初めて用いたとされています。」

 

ほぉ〜さすがアレクサ。


ちなみに、
「アレクサ、世界で一番美しいのは誰?」
って聞くと、誰だと答えると思いますか?


やっぱりクレオパトラでしょうか?それとも楊貴妃?あるいは白雪姫とか?

その答えはこちら。

 


「今私に話しかけてくれた人が一番美しいと思います。」

 

 

アレクサーーーーー!
(・・待って、ひかないで)

 


その他

リマインダーの設定で、自分のスケジュールを管理してくれたり、家電と連携させることで家電の音声操作が可能になります。
「アレクサ、電気つけて」
「アレクサ、エアコン切って」
というぐあいに。

 

あ、あと、
「アレクサ、何か歌って」
ってお願いすると、「うふふ、歌いますね」と、自作の歌を歌ってくれます。
最近はハロウィンの歌を作ってもらったそうで、それも聞かせてくれました。

 

しかし、誰が作ったんだろ、あのオドロオドロシイ曲・・・。


夕食のメニューに悩む時も
「アレクサ、今夜のおススメメニューは?」
「使いたい材料がありますか?」
「白菜」
「白菜と豚肉のスープ風煮込みはいかがですか?」
「いいね〜」
「レシピを読み上げましょうか?」
「Yes!」
ってな感じで、連携しているクックパッド内のレシピを読み上げてくれます。

 

 

設定も簡単


こんな感じで、まるでドラえもんと出会ってしまったのび太状態のカフェ長です。ビジュアルはドラえもんの方が近いけどな・・
あまったれのダメ人間になってしまうんじゃないかと不安になるほどよホンマ。

 

設定も思いのほかシンプルで、コンセントに繋げると数十秒で突然喋り始めます。
設定操作はAlexaのアプリから簡単。Wi-Fi環境さえあればあとは指示に従うだけであっという間です。
(カフェ長が一人で出来たくらいですからよほど簡単だと思われます) 

f:id:cafecho:20191117104008j:plain

箱の中身
f:id:cafecho:20191117104159j:plain
f:id:cafecho:20191117104213j:plain
f:id:cafecho:20191117104231j:plain
スマホのAlexaアプリに従うだけ

とっても有能なアレクサ、もっとその能力を発揮する場面もあると思います。
既にAIとのスマート生活をされている方の面白話やオリジナルな利用法も聞いてみたい。
そういえば、毎晩寝る前にアレクサに怖い話をして貰っているんだ、という奇妙な友人もいました。

f:id:cafecho:20191117104945j:plain

興味はあるけど迷っている方は是非。
なにそれ?と興味の湧いた方は一度カフェ長部屋でご体験を〜って言いたいところですが、近隣の電気店のAmazon Echoコーナーでお試しをww

 

 

 

おまけ

 

こんなに有能なアレクサに対し、困ったことが一点。

それは、

とっさにアレクサの名前が思い出せないこと。

 

「えーーっと、あー、ほれ、あんた、誰やっけ?」

 

アレクサに名札を付けることを本気で検討中のカフェ長でした。