帰って来たカフェ長ブログ

〜暮らすように旅をして、旅するように暮らしたい〜

カフェ長の本棚より【 幸福の遺伝子/リチャード・パワーズ 】

カフェ長の本棚より、まずおすすめするのはこちら。

☆幸福の遺伝子/リチャード・パワーズ

 

f:id:cafecho:20191002202208j:plain

幸福の遺伝子

 

人間の幸福のおよそ50%は遺伝子で決定する」という心理学の研究結果を知った直後に読んだ、こちらの本。

産まれつき幸福の遺伝子を持っているという女性をめぐる話です。


物語を通じて、遺伝子操作や遺伝子情報の所有権に対し、色んな立場からの想いについて考えさせられます。

小説を読み終えても正解は見つからず、日本でも癌ゲノム医療が推進されているなか、ゲノム(遺伝子情報)の管理や扱いに関しての倫理的な問題、どこまでがセーフなのか?という疑問がただただ深く残ります。

 

んが、生物学者でもあったリチャード・パワーズの文才に(翻訳も素晴らしいのでしょう)、最初はちょっと読み難いのですが、途中からは一気に引き込まれました。

 

ガッツリじっくり読書したい方に是非お勧めします。