新・カフェ長の旅ブログ

本とフィルムと旅、それからなんてことない話

【チョコ・チップ・クッキー】恐るべしアメリカ🇺🇸米軍基地で習ったファンキーでハッピーなレシピ

カフェレシピ ②

【チョコチップクッキー】

f:id:cafecho:20191013130511j:plain

アメリカンチョコチップクッキー


数年前、ひょんなことから米軍基地内に潜入したカフェ長、とってもファンキーでハッピーなアメリカンファミリー宅に滞在しとってもお世話になりました。
私よりウンッと若いホストママの家事育児をお手伝い(いや、足手まといでしかなかったな)させてもらいながら、アメリカという国のワイルドさを体感しました。

 

 

【 歴史 】

意外にも歴史は浅く、1938年。宿泊レストラン(トール・ハウス・イン)のオーナーが、チョコレートクッキー作りに失敗した結果出来たのがチョコチップクッキーだそうです。このレシピが大ブームとなり、この時使用した、ネスレのチョコレートも売上が急増。ネスレ社のチョコチップクッキーの商品名【トール・ハウス・クッキー】は当時の宿泊レストランがその名の由来だそうです。アメリカン・ドリームなお話ですね〜。
現在では定番のお菓子。アメリカにはNational Chocolate Chip Dayという記念日(5月15日)もあるとか。


【 材料 】

・グラニュー糖 100(60)
・ブラウンシュガー 120 (90)
・バター 100
・卵 1個
・バニラエッセンス 少々
・中力粉 160
・ベーキングパウダー 小さじ半分
・粗塩 小さじ1/4
・チョコレートチップ 190

 

 

いかがですかこの分量。
私は、グラニュー糖 100 → 60、ブラウンシュガー 120 → 90 に減らしますが十分です(笑)

f:id:cafecho:20191013130621j:plain



アメリカの小麦粉について

日本と同じようにグルテンの含有量により呼び名が異なります。
アメリカのケーキやクッキーなどの多くは、日本でいう中力粉が使われます。薄力粉はあまりメジャーではないのか、お菓子のレシピ本でもAll Purpose Flourが使用されるものが多い気がします。

Bread Flour(強力粉)

All Purpose Flour(中力粉)

Cake Flour(薄力粉)

 

アメリカの砂糖について

砂糖も日本と同じように色んな種類があります。
一般的家庭でも数種類の砂糖が常備されていて、レシピによっては砂糖だけで数種類の表記があったりします。種類もですが、なにより使う量に驚きです。

Cane Sugar サトウキビが原料で白くサラサラした砂糖

Raw Sugar 精製されていない砂糖

Brown Sugar モラセス(砂糖を精製するときに出る黒い糖蜜)が原料で、モラセスの量によりさらにdark brown sugar light や、brown sugarと分類されます。

Granulate Sugar グラニュー糖はアメリカでは一般的で、table sugar や、caster sugarとも呼ばれます。

 

【 作り方 】

①クリーム状の硬さにしたバターと砂糖を軽くフワフワになるまでよく混ぜます。

②卵とバニラエッセンスを加えてしっかり混ぜ合わせます。

③小麦粉、ベーキングパウダーをふるいにかけ、粗塩も加えゆっくり混ぜ合わせます。

④チョコレートチップを全て加えて混ぜ混みます。

⑤生地をラップで覆い、1晩〜2日冷蔵します。

⑥オーブンを180℃に予熱。

⑦大さじ3杯分の生地をクッキングシートの上に、5センチ間隔で乗せて9〜10分、焼き色が付くまで焼く。

⑧焼き上がったらオーブンから出し、2〜3分待ってからワイヤーラックに乗せて冷ます(形崩れさせないため)

f:id:cafecho:20191013130727j:plain


オーブンの温度

初めてアメリカのレシピを見た時に一番戸惑ったのが、オーブンの温度でした。
350°って記載されているレシピを見て、うちのオーブン240℃までしかないんだけど?作れないじゃん!って(笑)私だけですか?
これ、アメリカでは温度は華氏(°F)で表示されているので、日本の摂氏(°C)に換算が必要だったんですね。

参考までに

160℃ 320°F
170℃ 338°F
180℃ 356°F
190℃ 374°F
200℃ 392°F
220℃ 428°F
240℃ 464°F

 

f:id:cafecho:20191013130803j:plain

参考レシピ

 

衝撃的な甘さと大きさにビビりながら・・なによりペロリと食べてしまう自分が一番怖かったチョコチップクッキー。ひとくち食べると脳からファンキーでハッピーな物質が出てくる気がします!
是非一度ご体験あれ。

 

【アンザックビスケット】田舎町トラファルガーで教わったお気に入りレシピ

カフェレシピ ①

アンザックビスケット

f:id:cafecho:20191010225425j:plain


旅先ではホームステイをさせていただくことが多いのですが、一般家庭での楽しみの1つはその土地ならではの家庭料理。

帰国後は復習のため、しばらくはそればっかり作ってます(笑)

 

2016年、メルボルンから車で2時間のトラファルガーという田舎町へ。とても親切なカップルのお家に滞在させていただき、のんびりお料理やお菓子作りを楽しみました。

そこで教わったレシピの一つ(うちのカフェでも度々登場しました)アンザックビスケットをご紹介します。

 

 

f:id:cafecho:20191010225328j:plain

 

【 アンザックビスケット 】

 

オーストラリアの定番菓子のアンザックビスケットは、どの家庭でも一般的に作られます。

名前の由来は、第一次世界大戦中にイギリスと共に戦ったオーストラリアとニュージーランド連合軍(Australian and New Zealand Army Corps)の頭文字をとったANZACです。

 

彼らの無事を祈りながら兵士達の妻や母親が焼いては戦地へ送ったのが「アンザックビスケット」だそうです。

 

 

 

【 材料 】

 

・薄力粉125

・ロールドオーツ(オートミール)187

・乾燥ココナッツ125

・砂糖125

・塩 ひとつまみ

・沸騰した水 20ml

・バター 55g

・ゴールデンシロップ 10ml

・ベーキングパウダー 2.5ml

 

f:id:cafecho:20191010225814j:plain

 

オーストラリアと日本では分量表記が異なります

 

例えば、1cupは日本では200mlですがオーストラリアでは250ml、大さじ一杯は日本では15mlですがオーストラリアでは20mlです。

日本のキッチン用具を使用する場合には換算が必要です。

 

オーストラリアの計量基準

・1cup  250ml

・1tablespoon  20ml

・1dessertspoon  10ml

・1teaspoon  5ml

 

 

日本ではなかなか手に入らない材料

 

self raising flour  

オーストラリアの小麦粉には、plain flourとself raising flourがあります。日本でいう一般的な薄力粉はplain flourです。self raising flourはベーキングパウダーや安定剤といった添加物があらかじめ入っています。私は薄力粉で代用します。

 

golden syrup 

イギリスの文化を残すオーストラリアでも一般的なgolden syrup。サトウキビから砂糖を精製する時に採れるシロップです。私は蜂蜜やメイプルシロップで代用します。

 

f:id:cafecho:20191010230139j:plain

 



 【 作り方 】

 

※180℃にオーブンを予熱。 

 

① 大きめのボウルに小麦粉をふるいにかけ、オーツ、砂糖、ココナッツ、塩を加えます。

 

② 小鍋に水を沸騰させ、バターとシロップを入れます。

 

③ ②を沸騰させ、ベーキングパウダーを加えます。

 

④ ③に①を加えてよく混ぜます。

 

⑤ トレイの上におよそスプーン一杯分づつおき、フォークの背などで平らに広げる。

   (一つ一つくっつかないように余地をあける)

 

⑥ 10~15分、焼き色が付くまで焼く。

 

⑦ 焼き上がったら、硬くなる前にトレイから剥がします。

   (固まってしまうとトレイから剥がすときに割れてしまうため)   

 

f:id:cafecho:20191010225848j:plain

 

 

初めて作った時、ベーキングパウダーを加えた瞬間(③)にシュワワワァ〜って泡立ってビックリしました。

日持ちするので作り置きしておくのも良いです。

美味しくって食べ過ぎてしまうのがちょっと怖いww

 

とっても簡単なので是非是非お試しを♫

 

f:id:cafecho:20191010225953j:plain

 

 

おまけの英語 Lesson for cooking

 

tablespoon /大さじ

dessertspoon /中さじ

teaspoon /小さじ

desiccated  / 乾燥した

pinch of salt / ひとつまみの塩

preheat the oven to 180℃ /オーブンを180度に予熱する

sift flour / 小麦粉をふるいにかける

bring to the boil / 沸騰させる